マックーアドビソフト



仕事でマックーアドビソフトを使い続けています。 OS9の時に購入した数社のCIDフォ...

仕事でマックーアドビソフトを使い続けています。
OS9の時に購入した数社のCIDフォント(200万以上分)は、
OSX対応にするために新たな出費を強いられました。
タイガーの登場でSCSI機器が使えなくなりました。
まだ購入してませんが、
インテルマックの登場で、プラグインソフト(約100万分)などは、
ほとんどがネイティブ対応ではなくなるでしょう。
仕事は今のところG4-OS9、Pantherと旧G5-Tigerでやっていますが、
このスタイルもあと数年で終わりでしょう。

そこで質問です。
このようにソフトや周辺機器の出費が大きくなるような、
OSやマシンの変化はまだまだ続くと思いますか?
思い切ってウインドウズに移行するか、
インテルマックへの移行準備をはじめるか悩んでます。


>OS9の時に購入した数社のCIDフォント(200万以上分)は、
>OSX対応にするために新たな出費を強いられました。

私も所有しているフォントは全てOpenTypeにしました。
三桁万は軽く超えましたね...。モリサワさん、年間パスだすの遅い....(参考URL 1)
これからフォントは買うのではなく、参考URL1のような形態がよいかもしれませんね。

>OSやマシンの変化はまだまだ続くと思いますか?

Macに限ってはOS Xベースでいくと思います。
ハードウェアもまた遠い将来、変更があるかもしれませんが、
OS Xはマルチプラットフォーム対応を考えられたNeXT STEPベースです。
これからの時代はハードウェア構成に依存しない時代になると思います。

>インテルマックへの移行準備をはじめるか悩んでます。

仕事で使っておられて安定環境が確保されているのであれば、
不要に環境変化させる必要はないと思いますよ。
私のように新しいもの好きで予算的にもクリアならIntelMacも良いかと思います。
MacPro、G5が比較にならない程のバケモノマシンですから。

Windowsに乗り換えるのも手ですけど、結局は同じことでしょうね。
来年発売予定のVistaでは過去のソフトは動かないものも多いでしょうし、
ウイルスが多く、セキュリティ面も甘いOSですからメンテで費用・時間が取られます。
そららを考えると、やっぱりMacintosh、MacOSって良いんですよね。
今はBSDベースですし、Intelとのコラボも相性良いですから。

数日前、Intelが年内Quad Core CPU出荷を発表してました。
Quad = 4ですから、Dual Quad CPUが発売されたら8CPU搭載マシン。
はたしてここまでの処理能力が必要かどうかは別ですけど、楽しみですね。

今後は売り時、買い時を見計らいながら、Mac転がししていけばどうでしょうか?
そうすれば負担額少なく環境構築可能と思いますよ。




Macはユーザーの使い勝手を第一に考えてくれるところは良いところですけど、
そのために既存ユーザーを気にせずにハードウェアごと変えていって、互換性すら気にしないところが、最大の欠点ですね。

あと数年、現在の資産で耐えられるなら、もう少し待ちましょう。
CPUがIntelになったということは、そのうちVMWareやXenなどの仮想化ソフトがMacOSもサポートしてくれることでしょう。
その時には仮想環境で新しい環境を構築しましょう。
仮想環境ならばハードウェアが古くなったら、新しいハードにそのまま引っ越せますし、
同じハードで複数の異なるOSが動かせますよ。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。